トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

ああ睡眠時間が

今日で『あらしのよるに』の「きむら先生を探せクイズ」が終了とのことだ。一番人気に投票しておいた。当たったらダイタクヤマト様のテツとならんで家宝にしたいが当たる気がしねえ!というか、まずクイズが当たっているかあやしい。解答を外したら自分に何か制約を設けて戒めとしたいと思う。これはある意味『病理学講義試験』と同等の価値を持つ重要な試験なのだ。

今日は友人たちと飲み会まっしぐら。ここぞとばかりに皆盛り上がる。週はじめからこんなんでいいのか、という気もするが、ほんとうにまずい。明日は『臨床診断学』のレポートの提出日だからだ。基本的にレポートとかそういうのは前日までやらないのでこういう状況に置かれた場合、真っ先に削られるのは睡眠時間である。ぼくは酒には滅法強いというわけではないが、酔いが醒めるのは至極早い。吐くこともほとんどない。帰り道、酔っ払いよろしく歩道に積まれた雪山に突進し、登る登る。よじ登る。転がりおちる。転んだ友人に雪をお見舞いする。たぶん見ている人がいたら目を覆う(奇異の目で見る人もいるかもしれない)ばかりの惨状を繰り広げ、歌を歌って別れて帰宅。アホだ。だがそんな自分が好きだ。

そうだ、明日はキチンと出席しないと。今日も睡眠時間があぁ… っておいプリンタが!レポート書き上げたのに印刷できないぞ!! ボスケテ!

2006年1月31日 火曜日 27:45

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

寝すぎ

月曜日なのに学校に行かない、不登校なぼくだが、今日は授業がないのだ。教官の都合で休講。自分が休みで、社会は平日ってのはやることがなくなってしまう。家でゆっくりすることにした。インフルエンザ騒ぎ以来散らかった部屋を掃除するのは面倒だから明日にする(笑)

眠りすぎてヤル気がでないので、もう今日は寝ることにする。

朝早くおきてカレーでもつくろう。

2006年1月30日 月曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

聞こえた!

今日(1/29)某オフ会のため『あらしのよるに』をまたまた観にいってきた。3回目だよ3回目。もはやストーリー上わかんないことは存在しないが、新たな発見はあった。サントラに収録されてないっぽい音楽を発見。短いんで収録しなかったのかなあ。よくわかんないけど空耳ではあるまい。ガブが石をならべて暗号通信を企てている場面である。あと、やっぱりアメリカザリガニのおふたりの声がいいなあ。

ビッチ「あ、ここに!」

ザク「なんだあ~!?」

の流れがもう笑っちまう。声に出しては笑わないけど心の中では大うけです。

で、今日の個人的な任務は、『きむら先生を探せ!クイズ』の解答さがしだ。原作者のきむらゆういちさんが一箇所だけ声優をしているらしい。エンドロールを見る限り、イチという名前のオオカミを演じているらしいが、どのオオカミかわからない。候補は2つまで絞られてたんだけど、さてどっちなのか。ガヤというのか?後ろでざわざわ喋っているだけだったらわかるはずもないしなあ。五感のうち聴力だけに集中して聞いてみた。きむら先生の音紋…

brog002

 

    「聞こえた!」

『沈黙の艦隊』の「やまと」溝口水測長ふうに描いてみるとこうである。ここしかないっ!クイズの答えをあとで送っておこう。

札幌市内は排雪が遅々として進まず、環状通りすら一車線化している。たぶんそのうちダンプの集団がやってきて雪を持ち去ってくれるのだろうけど、幹線道路くらいはもうちょっときちんと保守して欲しいなぁ。明日月曜日はなぜか授業がすべて休講になったので、なにもない。することもない。寝よう。

2006年1月29日 日曜日 28:37

『あらしのよるに』公式サイトhttp://arayoru.com/pc/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

昨日友人A氏の飼っていたモルモットが死んでしまった。こういう感想は多かろうが、死にそうにないヤツだった。食欲は旺盛で、よく太っていて、いつも元気で… その日、A氏宅はガスがなぜか止まってしまい、それで寒かったのがいけなかったのかもしれないが、もはや理由はわからない。

A氏は、夜モルモットが騒ぐのでうるさいといい、ぼくたちは「きちんと世話してねーだろそのうち死ぬぞ」と冗談を言っていたのだが、結果が現実になってしまった。本来みんなが面倒をみるべきモルモットをA氏はひとりで面倒を見ていたし、無論のことA氏はきちんと世話をしていた。いくら冗談とはいえあのような発言をしてしまったことが悔やまれる。

2006年1月28日 土曜日 27:07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

最後の家庭教師

今日はH君の家庭教師の最終日だ。2月になると試験が続くので今日が最後の授業となったわけだ。あまり勉強熱心ではなかったけれど、素直なひとで、家族の人も温かみのある方たちだった。毎回帰りにペットボトルを持たせてくれたのが本当にありがたかった。はなむけの言葉は用意してなかったのだけど、言葉は自然と出てくるものだ。毎週一度は会っていたひとたちと会う機会もなくなるのは寂しい気もする。これからの人生の軌跡が交わることがあるか否かはぼくにはよくわからないが、機会があれば麻雀でも打ちたいものだ(笑)H君の入試試験の幸運を心から祈る。

明日は週でたったいちにちだけ1限目がないよい日だ。でも寄生虫学のレポートをまだ書いていないので、これから夜更かしをしなくてはならない。

2006年1月26日 木曜日 23:24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

再戦

昨日は26時すぎまで飲んでいたので日記を書けなかった。そんなに酔っ払っていなかったのだけど、朝寝坊した。1限目は無理かな~とも思ったけど、非計画的な休みは取りたくない。なんとか支度して教室に入ったのが1限目終了時間きっかしの10:15。勿論あやしまれないように、「すがすがしいトイレから帰ってきましたよ」というふうに手ぶらで、コートは廊下に置いてだ。ぼくが入っていったのと教官が「きょうはここまで」と言うのとほぼ同時だった。幸運にも授業に間に合うことができたのだ(笑) その後どこからか白紙の出席紙を持ってきて、キッチリ提出しておいた。

実習が終わってから時間があったので某SEGA店へ行ってきた。「あらしのよるに」のぬいぐるみの復讐戦のためだ。今回みつけたのはVer.3らしいが、4種類ある。いちばん楽そうなオオカミのガブ君を狙うが早々と500円を失い、前回の敗戦の恐怖が思い出される… が、苦戦しつつも何とかガブ2種類をゲットし、ヤギのメイ君へ標的変更。こやつなかなかの悪党で、重心が無いとすら思える。どうしようもない。終いには滑稽なことに逆立ち状態にひっくり返ってしまった

「あ~ 諦めるか~」

と思いつつもう一度やってみると、浅めでクレーンが止まってしまった!何たる事だ!が、次の瞬間、クレーンは恐ろしい怪力でメイの頭部を鷲掴みにしたッ ちょwwwそれwww めり込んでるやん!

…実は設定が非常に甘いことが判明、重心を見切るよりもそのままつかんでもらったほうがとれやすいという不思議な体験だった。結局それ相応の損害と引き換えに4種類全てをゲットした。ちょっとヲタク化してる気がしないでもない。

2006年1月25日 水曜日 23:03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

連戦

完治?したっぽいので今日はとりあえず「病理学総論一回目」の試験を受けてきた。午前中の授業をサボって勉強した(笑)効果がでたのかまあまあ解けた。教授の採点方式如何によっては赤点である60点くらいはあるだろう。

明日も試験がある。今度は「実験動物学講義」で、こちらは難しいとは聞かない標準的な試験なんだけど、それなりに勉強しないといけないぽい。今まで合計4回レポートを提出して、点がつけられて返ってきた。その合計点の1/10がぼくのテストの点に加算される、という寸法だ。多分250点近くもぎとったので今回のテストの赤点は35点ということになる。これは楽だ。寝てしまいそうだ…

2006年1月23日 月曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

改善の兆し

薬によって症状が抑えられてるだけかもしれないけど、ちょっとよくなった気がする。熱も下がってきた。下痢はまだ続いているが一時間おきにトイレに行くことはもう生活の一部と化している(笑) うずくまっている以外のこともなんとかできそうだ。

さて、月曜日の試験の件だが、考えた末に病欠の場合の助命嘆願書を担当教官に送っておいた。しかしもし治ったとしても満足な点を取れよう筈もない(苦笑)

否!

このままやすやすと60点未満、再試に行ってはいけない。たかがミクロン・ナノメートル単位の病原体ごときに鼎の軽重を問われているのだ。負けるわけにはいかん!これからの50時間程度で覚えられるかわからないがぼくの『覚悟』を示すつもりだ。落ちたら落ちたでその知識は再試の時に役立つしね。

ところで、やっぱりご近所の内科の先生、診断間違いだったんじゃないですか!?この下痢なんかの食中毒っぽいよ… 下痢の検査まではいちいちやらないのが基本なんだろうか。

2006年1月21日 土曜日 14:47

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

こりゃアカン

一日日記が飛んでしまった。ざんねんだが書こうにも書けない事情があったのだ。

18日の時点で「腹が痛い」とか言っていた僕だが、深夜に状況が急変したのだ。熱はなんと39度まで上がり、「やばくなったらクルマで夜間緊急診療所に自力で行く」などと嘯いていたものの、そんな元気は即座に消失した。しかも下痢もとまんねえときたらもう四面楚歌です。

19日に朝一番で病院へ。同じブロック内に内科があるのでそれはそれはありがたいが、熱が高い時点で医師は「インフルエンザ」を疑い、キットで判定をしてくれた。獣医のタマゴとしてえらそうに言うならばその判断は妥当であろう。でもインフルエンザって消化器症状そんなにひどかったっけなあ… 最近の判定キットはすごいもので、昨今ニュースになるトリインフルエンザの判定に使われるキットとかもある。実習で使ったことがあるのだが、すぐさま反応は出る。ただし、『非特異反応』、つまり誤差みたいなものがちょっと大きいのが難癖のつけどころであるだろう。

果たして、ぼくのインフルエンザ反応は「±」だった。疑陽性というやつか。こうなると判断は難しくなる。結局医師は「インフルエンザ」と判断し、生食100mlに栄養剤と抗生物質を入れて点滴を打ってくれた。点滴なんか受けるのは生まれて初めてだ。意外と健康な人生を歩んできたものだ。処方は馴染み深いインフルエンザ特効薬「タミフル」と腸整剤と風邪薬である。安心して帰ってきた僕だったが、病原体との真の攻防はここからだった。

いつまでたっても下痢が止まらないのだ。やばい。まじでやばい。トイレットペーパーがなくなるのが早いか、下痢が収まるのが早いか、はてまてやんばるくいながくたばるのが早いか。下痢止めに「ロペミン」が処方されていてこれを飲んでも止まらない。ん?「ロペミン」? そういえばこの薬はかなり強力な下痢止めである。それをもってしても抑えられないとはいかなることか。恐ろしい。実に恐ろしい。命の危険を人生で初めて感じた気がした。

熱も薬が切れてくるとまた39度くらいまでぶり返してくる。氷は用意していないので少し困ったが、ベランダから天然の氷をとってきて氷枕にする(笑)北海道の家は窓が基本的に二層構造なので、一枚目と二枚目の窓の間にぬれたタオルをビニール袋に入れて放置しておくと凍り付いてこれも氷枕になる。便利なものだ。

必死に耐えて、20日を迎えたが、未だ状況は好転の見込みなし、でとても困ったなあ。

月曜日の試験は絶対無理です。

2005年1月20日 金曜日 24:26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

消化器感染症

今日は実習で寄生虫や細菌に感染して下痢をしている犬のサンプルを観察した。虫卵がグラム陽性菌がいるいるわんさかいる。特に菌は自然界のいろんなところにいるけれど、なかなかぼくたちには感染しないもので、生物ってよくできてるなあと、こういうのを見ていると思えてくる。学生としては初歩的な感動だがそこは見逃して欲しい。

が、そうも感心していられない事態が発生した。ぼくが腹痛になったのである。消化器は強いほうでも弱いほうでもないと思っているが、今回の下痢はなにかおかしい。とまらないのだ。もしかして実習の菌が・・・ 実習で見た菌がわんさかぼくの腸の中で増えているのを想像すると 

「抗生物質をくれええーーっ!」

と叫びたくなるが、多分潜伏期間の問題から実習とは関係ないだろう。あやしいのは昨今流行のノロウイルスである。クラスのひとも何人かかかっている。吐き気がしたら夜間診療センターまでクルマで行こうと思う。

2006年1月18日 水曜日 22:44

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

久々ドライブ

今日は久々にまとまった量の雪が降った。おかげでチャリのギアが凍りつき、いちばん軽いところでかたまってしまった。これではいくらこいでも進まない。なんなんだ一体。家庭教師のバイトがあるのでどうしても復旧したかったのだが、どんどん雪が積もってきて、ギアの件があろうとなかろうとチャリなどもってのほかの路面状況になった。バスが通っていないところにバイト先の御宅はある。さてどうしたものか。仕方ないからマイカーを出撃させることにした。なぜやんばるくいなは車持ちなのにチャリに固執するのかと思われるかもしれないが、冬の北海道で運転をしてみるとぼくの気持ちはわかっていただけるだろう。

『やばい』。 凍結路面は実にヤバイ。交差点できちんととまれないことなどしょっちゅうなのだ。ぼくは安全のため40km/h以上は出さないようにしているが、道民はスゴイ。幹線道路なら60km/hくらいは出ているだろう。なんなんだあいつらは。そんなに死にたいのか。…実際にはより速度の出ている夏季よりも冬季の事故は軽度ですむらしいが。バイトをしまくってなんとか購入したクルマなのだ。そう簡単に失いたくは無いのだ。あと6年、院を卒業するまでは乗ってやる。

しかしながら家庭教師をそうも都合よく休む訳にも行かない。いっちょまえに契約を結んでいるし、親御さんだって、生徒本人だってぼくに期待してくれているからだ。でもクルマは気が進まないのが本音である。つるつる滑りながらも今日はなんとか無事に戻ってこれたが、これからもできるだけチャリに頑張ってもらおうと思う。

ところで本日の大学の授業ではA教官がハジケていた。教官はぼくたち学生になんとしても大学院に行ってもらいたいらしく、大学院の話で盛り上がっていた。大学院に進む学生が減少してきて、あたらしく教官を補充することが困難になってきているそうだ。A教官が「憂い」という言葉を6回は使ったと記憶している。ほんとうは教官の特殊技能であるキノコの話が聞きたかったのだがまあ仕方ないか。

2006年1月17日 火曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徹夜の代償と福本節

昨夜寝てない(笑) 勉強してたら夜が明けていたのでもう寝なかったのだ。当然午前中の授業はグロッキーだった。ノートを見直しても何かいてあるかさっぱりわからない。寝てたらチョークを投げてくるような個性的な教官がいなくてちょっぴり残念である。なぜぼくがこんなに必死になっているかというと、「獣医病理学総論一回目」の試験が来週の月曜日にあるからだ。理不尽な難しさはないようだが、毎年半数の同士が追試にすすむというから妥当に難しいのだろう。試験範囲は180Pくらいあるが今60Pくらいである(笑) 終わるか微妙なところである。再試に行かずに本試で通してみせるぞー。

午後の実習が終わって家に帰ってきてから寝てしまい、ついさっき(23時30分頃)再起動した。やや頭が重いが、今日も勉強しようと思う。今日は素振りは無しの方向で…。

『カイジ』『黒沢』『アカギ』の作者の福本様がTV出演している!これだけは必見です(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

雪が降らないと

北海道の道路事情は夏と冬でわけがちがう。冬は2車線路は1車線に、1車線路は車一台が通れる程度に縮まったりする。排雪が入る寸前はもう脇道は悲惨な状態である。

ひとのほうも大変だ。人が歩くにはむしろ雪がちょっとずつ毎日降った方がよい。雪が積もっていると滑りにくいからだ。3日も雪が降らないと、人々の歩行により一度固められた雪が崩れてきてシャーベット状の氷が歩道を覆い始める。こうなると歩きにくい。現にいまそうなりつつあるのだ。ヒトの往来の多い道からシャーベット汚染はすすんでいく。ぼくは自転車を新調してマウンテンバイク(安物だが冬仕様だ)をもっているので特に歩行者が少ない夜間それで雪道を走ったりする。滑ったりはしないので歩くよりむしろ安全なのだが、シャーベットはまじ勘弁だ。明日は雪が降りますように。

野菜が高い。チャーハンを作ろうと思っていたのだが、キャベツが300円もするので諦めて10円くらいのもやしにしておいた。本州でも野菜のダメージが大きいのだろうか。

2006年1月15日 日曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

消耗戦の果てに

blog001 さて、今日は勉強しようと思ったが、おきたのが昼まえだったので無理と判断する(笑)まず最近できた『アリオ』なる複合レジャー施設に向けて出撃。『あらしのよるに』ぬいぐるみがゲーセンにあるはずなのでそれをゲットしに行くのだ。UFOキャッチャーというやつは思いのほか難しい。「これは絶対取れないんじゃねえのか」と思われるようなものがたくさんある。一回200円のやつはそれこそ”絶対無理”なのだが3回くらい戦略的にやると不思議ととれてしまうものだ。ただし一回100円のやつは別!重心を見切る実力と何らかの僥倖がプライスゲットにかかわってくる。実際今日狙ったあらよるのガブのぬいぐるみのとれないこととれないこと。自分で自分が哀れになってくる。カイジばりに「うっ・・・!ぐっ・・・!」と心の中で呻くのだが決して声には出してはならない(笑) とりあえず家に帰ってきてから自分の状況をカイジ風に客観的に描いてみたので見てもらいたい…。

とれないので矛先をあらよるマスコット付き携帯ストラップに変更する。こいつもマシンが曲者で、タイミングがコンマ1秒ずれるともうおしまいだ。ん?タイミング?とすると僥倖!ぼくは野球をやっているではないか。100㌔以上で飛んでくる球を弾き返すではないか!が、駄目っ・・・!なぜ? 毎日木のバットを振っては手の皮がずる剥け、ひいひい言いながら滲みる傷口を押さえ風呂に入るというのに! そう、打撃は力だけではないのだ。安打製造にはタイミングの同調が不可欠である。そしてぼくの去年の打率といったら目も当てられない。つまり、ぼくはマスコット付き携帯ストラップ「とれないだろう」という結論に達した。しかし戯れにやってみると、なんという僥倖か、さしたる損害もなしにひとつとれてしまった! ここからが本当の戦いだった。なんと6種類くらいあったのだ…。 妙な完璧主義がここで顔を出し、ぼくはそのうち4種類を仕留めたが、そこでお金の浪費ぶりに今更ながら気付き、戦略的撤退を行ったのだった。。 悔いは無いと言っておこう。

その後はサークルの飲み会。当たり障りなく立ち振る舞い、二次会で退散した。明日は勉強するぞ。

2006年1月14日土曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

ホームを探す旅

学部の先輩(かなり上のひとだ)と友人と徒党を組んで『メイド喫茶』をまわっている。先輩とぼくたちは『ホーム』をさがすんだ、とかなんとか言って満足できる店を見つけようとしているのだが、ぼくたちの想像が膨らみすぎたためか、そのような『ホーム』は今のところ見つかっていない。むしろ札幌では見つかんないんじゃないかとも思われる。でもまあ料理はウマかった。

そのあとテリトリーまで戻ってきてビリヤード。ビリヤードの累計回数は相当のものだろうが、そこまで上手くない。友人いわく、フォームがややヘンだそうだが、気に入っているので今のところ直すつもりはないのだ。『賭け』をやって、勝ったほうが『T将』で『ビール』を奢ってもらえる、ということにしたのだが、そうなると俄然勝気に燃えてくる。しかし同時にプレッシャーも強くなり、へたれなぼくは勝負どころで外してしまった。チーム戦だったので、仲間がなんとか沈めてくれたが、あーいうところで決められないとやっぱりへたれなんだろうなあ。

2006年1月13日金曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

はじまりました

『今年こそは毎日日記をつけるゾ!』 と毎年思いますが、なかなか続かないものです。

HPで日記をつけていたこともありましたが徐々にうpが面倒になって更新をやめてしまいました。実にはずかしい限りです。実は以前ひとつブログをもっていたこともあるんです。それこそブログ黎明期に。

一般的にブログがまだあまり浸透してなかったころに、なぜか大学の英語の授業で強制的に「英語で」書かされたのだ。中高6年間英語を習ったってなにひとつ覚えていはしない。辞書をひきひきちまちまちまちまどうでもいいことをわざわざ英語で書き込んでいく。そのブログサイト自体が海外のもの(アメリカだろうか?)で、投稿やら編集やらコメントの仕方やらの説明も全部英語で、一時間半の授業の間、そのブログへの投稿を必死にやって、それでいつも授業は終わってしまった。後半に入るとやや余裕も生まれたが、英語圏でのほかのブログの検索方法などわかろうはずもなく、ハッキリ言ってつまらない授業だった。

最初は20名以上が受講してたのだが、段階的に学生は減少し、最後までまじめに授業にやってきた学生はぼくを含めて4名だった。いくらいらない単位とはいえ、あの減り具合は尋常ならざるものがあった。ぼくらをいちばん萎えさせたのは、面倒な英語での書き込みでも誰も来ない自身のブログのさびれ具合でもなく、美人の白人女性教官が、イケメンの白人男性をTAとして毎回教室に連れてきてはイチャついていたことだろうというのを特筆しておきたい。さらにぼくと友人の評価は「良」だった。最後まで授業に残って社会の不条理と徹底抗戦したというのにざんねんで仕方がない。

それはそうと、ぼくは今年は変わると決めたんだ!明日もがんばりやす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »