« このときを待っていた | トップページ | 試験前週間読書 »

2006年2月 8日 (水)

2006年2月5日日曜日の日記

友人B氏の引越しを手伝いに行くことになっていたので、午後家を出た。が…何ィーッ!雪がまた積もってクルマが出せない。しかもマンションの住人がぼくのクルマの通路のところに雪をまとめて捨てていた。ちょ!やめて!せっせと排雪溝に雪を運び、邪魔にならないところに積み上げ、クルマの雪をはらいしているうちにB氏との約束の時間はとうに過ぎていた。

「すまん、クルマでれないわ」 「あ、そう、じゃあ荷物降ろし手伝って」

ということで新居への荷物運びの引越し会社のお兄さんの手伝いをすることに。が、このB氏、よりにもよってエレベーターの無い4階の一番奥の部屋に引っ越すのだ。普段力仕事なんてしないから、ひいひい言って荷物を運び上げた。引越し会社の社員さんもひいひい言っていた。B氏は荷物の配置を行わなくてはならないのでこの兄さんとの共同作業となった。この方なんと午前中にも仕事があったらしく、驚嘆するばかりだ。後日筋肉痛にならなくて良かった(笑)

その後B氏の買い物に付き合い、その帰り某焼肉店へ。「食い放題」を選択し、たれに入れるゴマを全滅させようと企むが、瓶いっぱいに入っていたゴマを残りわずかまで追い詰めるもののついに全滅させられなかった。ざんねん。しかもE氏が「ごま味」の「ソフトクリーム」を最後に持ってきた。これにはさすがのぼくも参った。やるじゃんE氏。このときは翌日も食べに来るとは微塵も予想していなかった…

家に帰ってくるといつもの習慣どおり郵便受けをチェックする。稀に高校時代の友人から手紙が届く。同窓会とかにも出れていないのでこういうのはほんとうに嬉しい。先日は東都大学(白い巨塔でいうと)に行った旧友から手紙が届いた。すごい達筆なやつで自筆で返すのが恥ずかしいくらいだ…おっと閑話休題。

キリリリリカチリ、と金庫みたいなダイヤル式のロックをあけると紙切れ一枚。なんだろう、電気代の請求かなあ。とおもったらクロネコヤマトの宅急便の再配達通知書だった。誰からだろうかと見ると…ん?なんか見覚えが無いようなあるような。○○○メディア?あぁ、アレかあ。でもなにもグッズ買ってないはずだ。あっorzそうだ以前注文した時に二重注文になっていた可能性があるか。と思いつつとりあえず再配達してもらった。

はんこを押そうとしていたときにそれに気がついて、ぼくは完全にビビッてカツーンとはんこを取り落としてしまった。これは言葉で表せないほど至福の体験です。宣言どおり、我が家が存続する限り家宝にいたします。やんばるくいな天にも昇る思いです。スタッフの皆さんほんとうにありがとうございました。

北大内にA賞を当てた方もいるそうです。

私信ですがろこさんへ。ヘブンズドアが開くとヤバイのであっちの世界では言わないでくださいね(笑) しかしすこしのヒントからよく特定できましたねえ。2'nd楽しみにしております。

|

« このときを待っていた | トップページ | 試験前週間読書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/8558162

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年2月5日日曜日の日記:

« このときを待っていた | トップページ | 試験前週間読書 »