« 不思議な出会い | トップページ | すすきのはこわいところ? »

2006年2月10日 (金)

ヒツジも大変!

「寄生虫学実習」それはスケッチを主体とする時間のかかるあまりみんなの好かない授業だ。ある程度場数を踏んで一般人とはくらべものにならない精神的防御力を備えるぼくたちにも、「寄生虫」はキツイ。きもちわるい。やめてほしい。

が、不思議なことに最近になってそれすら慣れてきた。実に何かヤバイ。

今日の実習はヒツジに感染した寄生虫(線虫という種類だ)の数と種類の同定を行った。教官いわくぼくたちの調査の結果はヒツジたちの糞をくれたところにお返しするそうで、ちょっとはまじめにやらねばならない。みんなそれぞれちがうヒツジのうんこをもらってまず寄生虫のタマゴをチェック。そこここから嬉しい悲鳴があがる。顕微鏡で数と種類を見分けるのだがいっぱいいすぎて困るほどの人もいるようだ。が、ぼくのはほとんどいない…こうなるとむしろ自分の操作がまずかったか、とか不安になるけど、このメイ君(ヤギじゃないんだけどね)は健康なヒツジであまり寄生虫がいないんだ!という結論に達した。よかったねえ。寄生虫がたくさんいたらガリガリ痩せるはずなので、このメイ君は他の仲間より太っていることでしょう。

さらに孵化した幼虫を観察、「きみはナントカナントカいう種だね」と同定していく。よくみると微妙に違いがある。顕微鏡で観察しているうちにたちどころにどんどん死んでいくのですばやく同定しないといけない。ぼくは2種類発見できたので満足です。

ヒツジ君たち、きちんとお薬飲みましょうね。

2006年2月10日 金曜日 25:55

|

« 不思議な出会い | トップページ | すすきのはこわいところ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/8601824

この記事へのトラックバック一覧です: ヒツジも大変!:

« 不思議な出会い | トップページ | すすきのはこわいところ? »