« ありえないことが起きたらしい。 | トップページ | このときを待っていた »

2006年2月 6日 (月)

肉の食いすぎ

大学から帰ってきて飯を作って食べ終わり、一息ついたらA氏から電話がかかってきた。「某焼肉店に行かないか」というのである。昨日行ったよそこは!めしはもう食べたよ!と言うのだが相手はそれとわかって無理難題を吹っかけてくるからどうしようもない。むしろ嬉々としてクルマをまわし、ぼくは『二日連続』で某焼肉店へと行ったのだった。あまり食わなかったのでA氏たちがお金は払ってくれた。ごっちゃんです。もう肉は要らぬ。なぜその焼肉屋に行くかというと、知人のE氏が働いているからだ。クラスの人間はみなこれを見たがっている。

22時ごろ帰宅。レポートに取り掛かる。以前出た『実験動物学実習』の遺伝子調べのレポートだ。教官にFDを一枚渡されたが、中身は塩基配列のみ。なんじゃねんこれは。色々検索すると、どうもIzumo1という遺伝子らしい。日本人が見つけたそうな。

2006年2月6日 月曜日 16:31

|

« ありえないことが起きたらしい。 | トップページ | このときを待っていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/8544017

この記事へのトラックバック一覧です: 肉の食いすぎ:

« ありえないことが起きたらしい。 | トップページ | このときを待っていた »