« JAXAのこととか細胞継代とか | トップページ | WBCわけわかんない »

2006年3月16日 (木)

関東揚陸中止

故郷に撤退するために準備を急いでいたら日記が止まってしまった。うーむ。週末に札幌ドームでドラゴンズとファイターズのOP戦があるので観にいきたいけれど、入れ違いのようだ。残念。帰ったらナゴヤドームのOP戦に行きたいねえ。

春休みと言うことで船旅もよきかなと大洗まで長距離フェリーを使ってみようかと思い立ち、計画実行寸分手前まで行ったのだけど、不幸が重なり(人が死んだ訳じゃないヨ)急遽とりやめた。関東に遊びに行く予定自体は変わっていない。某研究室のドクターの方たちが丁度つくばで学会発表があるということなので体力が残っていたらそれも行ってみたいな。

さて本日ふたつ目の不幸。WBCで日本が敗退決定。これは駄目でしょう…。敗因はなんなんだろうと考察するにやはり「small baseball」をうたいつつも、日本代表の攻撃における小技、きめ細かさが無かったことではないだろうか。特にバントの失敗、これに尽きると思う。ぼくは今までの生涯でいちどしか送りバントを決めたこともないし、実際とても難しいこととは思うが、この戦術が失敗する場面が多かったのは残念だ。ところでドラゴンズの谷繁選手もいちどはバントを試みていたが、失敗したので、2球目からは監督の指示でか打ちに行っていた。ここであれ?とドラゴンズファンなら思うだろう。谷繁選手は中日で二番目にバントがうまいのに一球目にファールになったからといって弱気になる必要は薄いと思うのだ。多分監督なりの考えがあったのだろうが、やや不思議に思う。ちなみに代表の福留選手も多分チームで3番目くらいに上手い。

打線はこのようなバントミスなどで繋がらなかったが、実際には守備のほうが問題だった。よく言えば「日本最高の選手の集まり」だけど、守るポジションがダブった「継ぎ接ぎ守備陣」になってしまっており、とくに内野が戦前から不安視されていたが本当に失策が多く出てしまった。本職のセカンドがほしかったところだ。個人的にはやっぱりメジャーの井口選手か、贔屓目が入っているかもしれないが井端選手・荒木選手に出てもらいたかった。

アメリカ戦のタッチアップの判定についてはもはやあいた口がふさがらないレベル。あんな判定をするようじゃ八百長と思われても仕方が無いよ。

・・・それにしてもくやしい!

2006年3月16日木曜日 26:50

|

« JAXAのこととか細胞継代とか | トップページ | WBCわけわかんない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/9126969

この記事へのトラックバック一覧です: 関東揚陸中止:

« JAXAのこととか細胞継代とか | トップページ | WBCわけわかんない »