« WBCわけわかんない | トップページ | 関東でのやんばる紀行 初日 »

2006年3月18日 (土)

やんばるくいな空輸

今日帰ります。細胞の継代はこれにてとまってしまうかに見えたけど、マイナス150℃で冷凍保存したので一応生きてると思われる。単細胞の生物は体の構造がないので、冷凍しても死ななかったりするんだそうだ。金魚を液体窒素につけて凍らして、水に入れて復活!ってのもやってるけど、ありゃ体の表面が凍ってるだけのようだ。

東京は気温が高いらしく、服装を誤ると大変なことになりそうだ(笑)

|

« WBCわけわかんない | トップページ | 関東でのやんばる紀行 初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/9141186

この記事へのトラックバック一覧です: やんばるくいな空輸:

« WBCわけわかんない | トップページ | 関東でのやんばる紀行 初日 »