« 関東でのやんばる紀行 三日目 | トップページ | 中日野球満開 »

2006年3月21日 (火)

WBC優勝おめでとう!

先日の日記では「一勝二敗で決勝トーナメントに出ても嬉しくない」とか書いたが、「日本対キューバ」、この決戦の地に日本のチームがいることがぼくは嬉しい。

1回表のチャンス、これはこれまでの日本ならば点を取れていなかっただろう。しかし国際ストライクゾーンに対応し、個人が繋ぎに徹した結果が4点の先制点となったのだろう。

1回裏、松坂はストレートは走っている。剛球唸る。が、スライダーのコントロールがついていない。剛球を生かすのが変化球だが、これではヤバイ。本塁打は一点だったのでよかったが…いつつかまるか…。ここでしかしもうひとつの武器「チェンジアップ」で左打者を翻弄する松坂。やっぱり日本のエースだわあんたは。

5回裏からのシュンスケはまたまたいいピッチングだった。エラーがらみでつかまりかけるが、ゲッツーで切り抜けるのはやはりさすが。川崎選手と西岡選手のベンチでのやりとりがとても面白かった。この選手たちはまた成長して日本のプロ野球を面白くしてくれるだろうな。

8回裏は藤田投手が遂に2点本塁打を食らう。ここで投入されたあの豪腕大塚投手が凄かった。「あの」というのは、この大塚投手は中日ドラゴンズに一年間在籍していたからだ。もともと近鉄の抑えの投手だったが、なにやらメジャー移籍問題で中日にやってきた「浪人生」だったが、このひとが中日ファンに、そして中日投手陣に残した影響は大きかった。もうかなわぬ夢ではあるが、岩瀬投手と大塚投手のダブルストッパーをもう一度見てみたい。

Vスラと剛球は、確かなコントロールをもっていた。後続をぶった切ったのは流石だ。

9回表、川崎選手の本塁スライディングとキューバ捕手のブロックの激突。カメラの角度的にはアウトだと思ったが、川崎選手の右手が入っていた。凄いプレーと凄いプレーの狭間で審判はきちんと見ていてくれたようだ。我らが福留選手が満塁で代打起用されて適時打を放ってくれた。本当によかった。

9回裏は大塚投手が締めた。最後のVスラはぼくも一生忘れないだろう。

今日の試合のやんばる的MVPは松中選手に差し上げたい。大砲のはずの四番松中がみごとにつなぎをはたした。タッチアップも二回こなし、内野安打すら打ったのだから。

軟式の草野球に毛が生えた的なチームだけど、ちょっこっとだけでも野球をやっててよかった。

2006年3月21日火曜日 22:55

|

« 関東でのやんばる紀行 三日目 | トップページ | 中日野球満開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/9195976

この記事へのトラックバック一覧です: WBC優勝おめでとう!:

« 関東でのやんばる紀行 三日目 | トップページ | 中日野球満開 »