« 免疫能が低下? | トップページ | ドナルドとドアラと »

2006年4月30日 (日)

オオカミのきなこ嬢に会いに行こう

友人たちと円山動物園に行ってきた。仮の目的としては公的な用事があったのだが、ほんとうの目的はそう、先日亡くなった狼のあんこの相棒のきなこ嬢に会いに行くためだ。

「きなこが寂しがっています」

とか円山動物園のHPに書かれたら、そりゃ行かざるを得ませんよ!オオカミの放養場は動物園の一番奥のところにあるのでそれまでいろいろ見てまわった。個人的にはラッパチョウが館内を散歩している熱帯鳥類館が気に入った。正真正銘の散歩で、つなもついてなければ、柵の中を歩いている訳でもなく、ひとの歩く通路を歩いているのだ!子供たちが見つけて大はしゃぎ。大人もぼくたちもびっくり。どういう状況なのか全くワカランかった。逃げてきた動物かと思ってしまったが、ラッパチョウはヒトに押しボタン式の自動ドアを開けてもらい、悠々と歩く。子供たちに追いかけられてピンチになると、動物展示コーナーのヒト立ち入り禁止区画に逃げ込み難を逃れる。ラッパチョウは子供たちが去ると出てきて散策するのだった。ラッパチョウはやんばるくいなの如く飛べない鳥なので身近に見れて嬉しかったが、反面事故が起こらないといいなと心配だ。

Kinako3

←きなこ

きなこ姐さんはなぜか動きが激しかった。よく観察していると飼育員さんの方を向いて歩き回っている。それもそのはず、一日おきの餌の時間が近かったのだ。強権発動、職権濫用気味にデジカメを購入し、半ば私物化しているのだが、その真新しいデジカメをぶら下げてたたずんでいると飼育員さんが話しかけてきた

「オオカミの写真取りに来たの?」

「ええ、、はいそうです。」

まさかあんこと縁があるともいえずそう答えた。もうすぐ餌を与えるから待っていてくれとの事。そりゃ待たせていただきます!餌やりのときにまた来てくれて、写真の取りやすいポジションできなこ姐にお肉を与えてくれた。ありがとう飼育員さん!

Kinako10 ←肉を食っています

その後もカラスと格闘するなど元気でした。よかったよかった。

尻尾の毛がなかなかふさふさでいいですね、触りたい。

Anko

あんこも

もうちょっと長生きしてもよかったのにね。

年間パスを買ってしまったのでまた行きたい。

2006年5月3日水曜日 01:24

|

« 免疫能が低下? | トップページ | ドナルドとドアラと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/9874360

この記事へのトラックバック一覧です: オオカミのきなこ嬢に会いに行こう:

« 免疫能が低下? | トップページ | ドナルドとドアラと »