« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月25日 (火)

忙しい日々よ

朝早く友人Y氏と「放射線生物学演習」の課題発表。

『ゴジラVS放射線』

Y氏は卓越したキャプチャー力をいかんなく発揮し、スライドを作り上げていた。初期平成ゴジラが食べたウラニウム235の量は600kg、熱線を吐いた際の被爆量は凄まじく、ヒトが瞬時に死亡するレベル、ゴジラが生きている分には放射線は「カラダにイイかも」レベルなどなど。が…

I教官「いいのかなコレ…」

ぼくたち「エエーッ!真面目に調べたし計算したんすよ!コピペじゃないんすよ!!!」

何気に単位取得の危機を迎えたが、概ね好評だったと思われる。I教官がどのような評価をつけるか気になるところだ。

明日、某研究室の論文紹介で出た宿題を発表せねばならない。まいったなあ。ちなみに「GenisteinがBVDV細胞内増殖を抑制する機構」について質問されたのだが… そんなことを書いている論文があるわけもなく、、、ハァーッ。とりあえず調べたところによると

・Genisteinはチロシンキナーゼ活性を抑制するらすい

・GenisteinはBVDVの細胞内での増殖のひとつまたはふたつ以上の機構-ウイルス遺伝子の複製とかタンパク合成とか輸送とか-を抑制しているようだが詳細は不明

ということ。果たしてこれで質問者に納得してもらえるのか?もらえるのか??嫌な予感がプンプンするのだ。兎に角、何とか防御しなくては。

いいこともあった。某研究室でシュークリームをもらった。シュークリームは争奪戦になったので袋に名前が書かれて保有権が主張される(笑) たまたまもらえたので先輩M氏と雑談しつつ捕食していたら… ん?M先輩が今まさに頬張らんとしているシュークリームの袋には他の人の名前が書いてあるではないか!! 嗚呼…食べてしまわれた… なんといふことでせふか。気付いて焦るM先輩。さすがに笑いを堪え切れなかったでありんす。

丁度そこにU教官があらわれた。U教官は明後日の「病理学各論一回目」の試験の担当教官である。ぼくたちをひどい目に遭わせるにちがいないのだ。どんな問題が出るのか尋ねてみたら、「試験とは教授と学生の知恵比べなのだよ フフフ」と仰っていた。オワットル。

2006年7月25日火曜日 22:24

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

番屋の湯

2006年7月3日月曜日の日記

札幌近郊には幾つか温泉が存在するが、なかでもぼくたちH大生がよく行くのは「番屋の湯」ではないだろうか。札幌から北方に40分ほどの石狩市・石狩浜にあるので海水浴のあとなどにもっぱら利用される。この日は「外科病態学」の再試験が終わったので、友人A氏とB氏で行ってきた。

Moon_1 とりあえず海に行く。オホーツクよりの風が寒い。もう夏だってのに景気が悪いこった。入るつもりは毛頭無かったが、やはり海をみると気がはやって足まで入ってしまった。かぜを引きかけた。雲がかかった半月の朧月夜が綺麗で、ちょっと向こうに見えるのは小樽の灯です。なにか気配がするのでふと振り返るとキタキツネが砂浜にいるではありませんか!人馴れしているようで近づいていってもあまり逃げない。

Fox 「エキノコックスやばいんじゃないか?」

「そういえば・・・」

「あんまり近づかないでおこーぜ」

小樽市近郊ではよくキタキツネのエキノコックス保有率が調べられていて、かなり高い値を示している。そういえばこの間、観光客がキタキツネにえさをやったり触れんばかりに近づいたりしてるのを見かけたが、身のためにもやめといたほうがいいですぜ。

「番屋の湯」がつぶれると言う噂もあったが別につぶれる訳ではないようで、ちゃんとありました。B氏が貴重品の鍵を露天風呂の庭に誤って投げ込んだために探し回る破目になりました。本当にありがとうございました。

ちなみに試験はぼくもB氏もナントカ受かっておりました。手こずらせやがって…

2006年7月23日日曜日 04:32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

『極悪マスコット』 なにこの記事…

本日も晴天なり。放課後、火曜日に『放射線生物学演習』のパワーポイント発表があるので友人Y氏とパソコン室でそれの資料調べを行った。お代は『ゴジラVS放射線』。内容に関してはクラスのみんなにおたのしみにしておいてもらいたいので、ここでは詳しくは書かないが、Y氏がいつも以上に気合が乗っているためスライドに関してはスバラシイ出来になりそうだ。「空想科学読本」に似た内容になる予定。

中日公式ブログをみたら騒ぎになっていた。「ドアラ」が某スポーツ紙に「極悪マスコット」と書き立てられたためだ。この某紙はもともと親阪神・反中日なので中日の選手の悪口くらいいくら書かれても驚かないが、ドアラとなるとムカっと来るのだ。謝罪の書き込みによるとどうも本気でかいた訳ではなく、ネタで書いただけのようだ。他にもいろいろネタ記事が多いのでこれもそのうちのひとつだったといえるらしい。でも結構大きな反響が来てしまったわけだ。

ひとつ心配なのはこの記事を書いた人のバランス感覚である。どこまで読者に「ネタ」ととってもらえるか、イマイチわかっていないに違いない。今回の件もネタにするならどこかでドアラにフォローを入れなければ成立しないのは中立的な立場の人間が見たら分かるはずである。不特定多数が目にする新聞記事は絶大な影響力があり、「書かれた対象」が正しく読者に伝わることはその新聞の立場もあるし、ありえない。だがそれとともに「書いた人」の意図が正しく伝わらない可能性も「書いた人」の技量如何によっては十分あるのだ。ちなみにN氏と相談の結果、某紙がドアラ写真集を出せば無問題ということになった。

去年の学祭でぼくが相手した記者さんにへんなこと書かれなくてよかったぁぁぁあ!

2006年7月22日金曜日 24:17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

フレッシュオールスター

もうすぐプロ野球はオールスターだ。でもそのまえにもうひとつのオールスターがあることをご存知だろうか。『フレッシュオールスター』は主に二軍で活躍する若手のオールスターである。地上波では放送されていないが、スカパーで見ることができるのだ。我らが中日からは新井選手、中村一生選手と吉見投手が出場する。

新井選手は広島のあの新井選手の弟で、パンチ力は凄まじい。と思ってみていたらイキナリフェンス直撃の二塁打を放っていた。よく飛ぶなあ。

中村一生選手はよく知らないが、指名打者で出場、新井選手に続いて左ポール直撃の本塁打を放った。夢が広がりますなこれは。次の打席もタイムリーだったのでMVPも取れるのでは? ちなみに過去にフレッシュオールスターMVPはイチローやら青木(ヤクルト)らがいるのでさらに夢広がります。

でもなんだか眠いんだパトラッシュ… 眠ろう

2006年7月20日木曜日 20:05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

正直スマンかった

論文紹介→カテキョ→B氏祭り

本日18日は友人B氏の誕生日である。某研究室の論文紹介とバイトが終わってからA氏と「ダイイチ」にプレゼントの買い物に行くことにした。

論文紹介というのは難しいものである。BVDVの論文を紹介したのだが、まず英語が不得手なのが痛い。レジュメ作りで徹夜してしまった。オワッとる。一応済ませることが出来たので、まあよしとする。本当にその研究室に入れるかどうか風雲急を告げてきた。まじオワッとる。

23:00 B氏はクォリティがかなり高いのでぼくたちは何を買ってあげようかとスーパーマーケットでずっと悩んでいた。B氏は23歳になるため、その数だけ買わないといけない。

A氏「飴玉でいいかな?」

ぼく「23個ね、あー数えるのメンドクセ、飴玉ひと箱でいいやもう」

・・・

店員さん「飴玉105個になります」

ぼくたち「ちょ 5倍くらいあるし!」

B氏にあげたらさぞ喜んでもらえたようで嬉しい。

2006年7月19日22:18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

今年も始まったのだアレが

朝の試合→日中バイト→すすきの

J○Aのバイトが始まった。もう三年目なのでマンネリ化が激しいが頑張らなくてはならない。とりあえず『安全靴』を買ってきた。これは足先の部分に鋼鉄製のガードが入った靴で、重量物が足に乗っかっても大丈夫とされる代物だ。なぜこんなものが必要かというとぼくたちのバイトは馬に踏まれる可能性が多少なりともあるからだ。踏まれるほどぼくはのろまじゃないと自分では思っているが、備えあればなんとやら、だ。ところで一脚につき100㌔を越える荷重がかかる馬の脚を受け止める性能がこのガードにあるかどうかは不明である。

木曜日に某先輩に呼び出されたので出頭するとナント、「やんばるくいな、合コンに行かないか?」とのこと。相手はOLとのことでこれはとても珍しい。

先輩M「いじられキャラやれ、やんばるくいな」

ぼく「それは命令、でありますか?(絶対ヒドイ目にあうわコレ…)」

先輩M「おまえの変態性が必要なのだよ」

ぼく「はは、何を仰いますか。 行かせていただきます!

スゲーヒドイ目にあうと思ってたけど存外楽しかった。

2006年7月18日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »