« 学部停電 | トップページ | 日ハム-楽天 »

2006年8月30日 (水)

夢の中の怖い話

黒い馬…サラブレッドがいる。なかなか精悍な顔をしたヤツだ。走るだろうな。ぼくはバイト中だろうか、なんだろうか。ふと気がつくと馬が繋がれていない。こっちに歩いてきた。

黒馬「乗っていい?」

ぼく「はあ?」(うおッ なんか喋ったぞコイツ)

…イキナリのしかかってきたー!

「うわあ!」

避けられずに黒馬の前脚に足を踏まれた!いっいでえーっ!安全靴貫通しとるし!

ぼく「はやくどかんかあ!このくそ馬!」

ぼくは夢をみるのが好きだ。大好きだ。夢の中では日常ではありえない体験が出来るからだ。時には愉快で、時には恐ろしい内容にはらはらするのが好きだ。ただし全力で走って「何か」から逃げる夢は嫌いだ。起きた時に本当に走っていたかのように心拍数が上がってコワイからだ。

歳をとるにつれて夢をあまりみなくなってきた。推測だが、これは睡眠時間と夢の間に密接な関係があるからと思われる。小学生や中学生の頃は1日8時間以上寝ていたが今では6時間くらいなのが効いているというわけだ。レム睡眠の時間帯に夢を見るのではないか。長く寝すぎると脳みそだけ起きていてレム睡眠になりがちになって夢を見るに違いない。というわけでぼくは時間に余裕があるときはできるだけ長く寝て夢を見るのを愉しみにしているのだ。

今朝はは実習中のため(後日詳しく書きたい)6時台に起きなくてはならなかった。連日の運転でかなり疲れていたので早く寝たかったが、昨晩は研究室で実験の続きをやっていたので結局寝たのは24時すぎだった。当然夢は見ないか見ても覚えていないだろう。が…先に書いたような楽しい楽しい夢を見たのでした。

おしまい

※「安全靴」とは… 足先の部分に鋼鉄の防御装甲が入った作業用の靴。実際に馬の体重を支えるほどの防御力があるか否かは不明。

2006年8月30日水曜日 23:40

|

« 学部停電 | トップページ | 日ハム-楽天 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/11691293

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の中の怖い話:

« 学部停電 | トップページ | 日ハム-楽天 »