« もう試験疲れたお | トップページ | 灼熱太陽地獄ノック »

2006年8月 3日 (木)

やんばルンバ マレック病把握

試験も終了したことだし暇なので某研究室のお隣の教室のゼミを覗きに行く。セミナー室に入るとO教授がみえた。

O教授「あれ?君、今日は○○のゼミの日じゃないよ」

ぼく「は、偵察に参りました」

O教授「あ、そ」

今日はマレック病に関するゼミということでやってきたのだ。マレック病とは鶏のウイルス病である。マレック病ウイルスはヒトでいうと口内炎の原因であるヘルペスウイルスの仲間で、鶏のリンパ球を腫瘍化してしまうウイルスである。腫瘍を引き起こすウイルスは色々あるけれど、実際に高頻度で発生して流行するようなものはこのマレック病ウイルスくらいしかないのではないと思う。風変わりなことに病原性の低い弱毒株を接種すると免疫がつき、強毒株による腫瘍発生を阻止してくれる。マレック病は唯一の予防可能な腫瘍と言われている。この免疫のメカニズムがわかれば、一般的な癌発生のメカニズム解析や予防治療に役立つかもしれないのだ。研究室は違えど面白そうなものには首を突っ込む。

が、英語で喋り始める演者のひと… 今日は学会発表のための予演会であったため英語でスピーチし始めたのだ。日本語でも難解なのに英語となるともはや暗号である。でも図説のお陰で大要は把握できた。

『レジャスポ』にある温泉に試験終了を祝して行くことにした。参加者:A氏、E氏、やんばるくいな。

「やっぱ打撃練習必要じゃね?」

環状通りにあるバッティングセンターに強制連行して立ち寄る。A氏もE氏も野球経験はないが、なかなかバットは振れている。ぼくはインハイが弱いのでそういうバッターにならないように…

レジャスポでは卓球台もあったのでやりにいく。E氏とぼくは卓球経験はないためか実力は拮抗しているが、高校でやっていただけあってA氏は上手すぎる。ドライブ決められると返せない。ぼくは不完全なカットしか打てないので、狭い部屋でドライブを打たれると下がれずに死滅する。ちかくに卓球のサークルないかな。冬の間とか真面目に練習したいところだ。A氏を斃さなくては

温泉に入ると怪我が治るというのは本当らしい。7月はじめに3日連続で温泉に入ったところ右足伸筋不全断裂による拘縮がかなり緩和したのだ。今では全力で走った次の日に張が出るくらい程度まで回復している。ありがたや。まだ右足首と左足首の太さに差があるので見た目にも治ってもらいたいところだ。

晩飯はルンバルンバ。

2006年8月3日木曜日 25:26

|

« もう試験疲れたお | トップページ | 灼熱太陽地獄ノック »

コメント

今日はよく動いたし良く食ったし
よく温まった。
程よく眠くなっております。
Zzz・・・

投稿: ちんたお | 2006年8月 4日 (金) 01時51分

外科は休んだらアウト!
っつーか起こしてくれ

投稿: やんばるくいな | 2006年8月 4日 (金) 01時56分

カメルーンにドアラ市があるらしい。

投稿: ドアラ | 2006年8月 4日 (金) 03時06分

>>ドアラさん
な、なんと!
>ドアラ(Douala)
これかーッ 人口1994人くらいですかね?

投稿: やんばるくいな | 2006年8月 4日 (金) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/11252036

この記事へのトラックバック一覧です: やんばルンバ マレック病把握:

« もう試験疲れたお | トップページ | 灼熱太陽地獄ノック »