« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月22日 (金)

バッティングピッチャーの才能

ぼくは自分で言うのもなんだが、バッティングピッチャーの才能はあると思う。バッティングピッチャー略してバッピとは何か?家庭教師先のI君は『打撃もできる投手』だと思っていたらしい。ちがいます。ぼくのような軟式野球レベルにおいては『打撃練習時に気持ちよく打ってもらえる球を投げれる投手』のことである。カーブとか小細工をできる必要はない。ただストレートをストライクゾーンに投げることが出来ればいいのだ。ごく簡単なことと思われるかもしれないが、意外とマウンドからストライクを投げるのは難しいのだ。無論、『本物の投手』はきちんとストライクを取れるわけだが。

急な、兎に角急な事件だったのだ。まず先発投手が肩が痛いと言い出した。主戦投手なのでよく抑える投手なのだが、ここは仕方なく残りの野手から投手のできるO君をマウンドに送る。が、なんと彼も肘が痛いと言い出した。

ヤ、ヤバイ… もう投げれるやつがいねぇ… 仕方ないのでぼくが登板することになった。ブルペンで水産学部の後輩T君に受けてもらう。本来、捕手が受けるべきなのだが、もう数日のうちに函館に行ってしまい、この日が最後の出場だったので受けてもらったのだ。

後輩T「なかなかいい球来てましたよ。」

ぼく「ああ、有難う。」)

マウンドに立つのは一年半ぶりだ。遠い!キャッチャーまで遠いぜ!初球、二球目、九分の力で投げると浮いてボール、三球目、仕方なく抜いた球を投げるとカキーンと左前打を打たれ、さらにエラーとヒット、盗塁が重なって結局3失点。打たれまくりです。カウントを取りにいく抜いた球をことごとく打たれ、まさにサンドバック状態。

結論:やはりバッティングピッチャーの才能はあるらしい

2006年9月22日金曜日 21:41

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

癒着がとれたかもしれない

ぼくは5月に右足ふくらはぎの外側指伸筋を不全断裂したわけだが、その筋か腱の癒着が取れたような気がする。筋肉が断裂するとその部分から出血して筋肉組織は一部線維組織に置き換えられる。線維組織は筋肉のように伸縮性が強くないのでその部分を使うような運動をすると突っ張るのだ。それを無くしていくにはリハビリが必要なのである。

土曜日の朝野球でスイングした拍子に右足首がねじれてピシッと痛みがあった。ヤバイ系統の痛みだったのだが、なんとなくそれから右足首の可動域が広がったような気がするのだ。もしかしたら癒着した腱がはがれていい感じに動くようになったのかもしれない。

昨日レース後馬の目洗い中に馬が暴れてしまった。よくあることだがこういうときぼくはただのバイトなので身の安全を第一に考えなくてはならないらしい。だけどぼくも一応獣医志望なので職務放棄は極力避けたいのが本心である。その馬の厩務員さんがなんとかなだめてくれた。

厩務員さん「お嬢、もうちょっとやで我慢してや」

みるとなるほどぼくの10倍近い体重のごついお嬢である。思わず噴出しそうになってしまった。その馬だけがお嬢と呼ばれている訳ではなくて、牝馬をお嬢と呼んだだけのようだ。

2006年9月4日月曜日 26:07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

厄日~エンドラン失敗~

今日の朝の野球大会は時間が押してくると『促進ルール』ということで一死満塁から攻撃が始まる恐怖の試合であった。その先頭バッターがこのぼくやんばるくいな。

監督代行「初球エンドランで。二球目からはサインを見ること。」

ぼく&次の打者「へい!」

さて賢明な読者諸氏ならお気づきかもしれないが、満塁でエンドランとはこれいかに。失敗(空振)=三塁走者憤死を意味するのである。ぼくは絶対にバットに当てなければならないのだ。一か八かの作戦だった。が・・・

うおッ内角高め直球!と振っても当たらない位置に来た球にスイングすらできなかった。当然走者憤死。この瞬間チームの命運は決まったといっても過言ではなかった。。。 結局ぼくは自分の不手際を始末しようとしたが四球で、後続は打ち取られた。そしてその裏サヨナラ負けを喫してしまった。

それまで内野安打→初球二盗→投ゴロ間に三進し野選を誘う(ちなみに暴走と言われたが一応根拠はあったのだ)→仲間の安打で生還 というぼく特有ともいえるプッツンした走塁で味を出し、守備もひとつやらかしたがそこそこ守っていたので悔いの残る最期となってしまった。

横山秀夫氏著の『出口のない海』を読み始めた。まだ最初の部分だけだが、良い作品のような気がする。バイト中の休み時間にでも読みたい。イキナリ『パールハーバー』をバッサリ切り捨てるのが良い。

今年の札幌開催は馬に大きな事故がなく、診療所も平和である。一昨年は沢山殉職馬が出てしまった。すごくかわいそうなのでこの調子で二回開催もいってほすい。

2006年9月2日土曜日 23:52

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

日ハム-楽天

今日が最後の札幌ドーム日ハム-楽天戦ということで観にいってきた。もと中日勢では山崎選手と関川選手と小山投手が出場した。山崎・関川の応援歌は中日時代から変わっていないので歌える。山崎選手の応援歌は特に好きだったのでまあそれが聞きたいという理由もあったわけだ。

ぼくは楽天ファンは結構いるものと思っていたが、球場に行ってみてビックリ、殆どいないじゃありませんか。30-50人くらいでしょうか。やっぱり地元以外でも人気を得るには勝たないといけないようですね。

試合は序盤、楽天押し気味に推移するも、「ガッツ」こと日ハムの小笠原選手の本塁打(ちなみにフェンス直撃で入ってなかったっぽい)で勢いのついた日ハムがサヨナラ勝利、5時間の熱戦でした。

その小笠原選手が打席に入ると、日ハムファンたち(札幌ドーム内の人間の99%)はなにやら青いものを一斉に取り出すのだ。なんかと思ったら「青いイルカ」のビニールバルーン。小笠原選手の応援にと流行ってるらすい。

2006年8月31日木曜日25:21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »