« 10/23 開戦前夜 | トップページ | ウイルスたちの進む行方は »

2006年10月25日 (水)

日本シリーズ第三戦

午後の授業は『臨床診断学実習』。画像診断を練習する授業である。その内容は推理に近く、基本的に好きな授業だ。だけど札幌ドームに行きたいのになかなか終わらないとイラッとしてしまう。まあ教官が悪いわけではないので。

そんなこんなで札幌ドームに10名以上のドラファンとともに到着したのは試合開始寸前でした。もちろん完成したドアラの被り物はぶっつけ本番となった。席に到着すると

「兄ちゃんなにもっとんのや」 と後ろのドラファン

「は、ドアラの着ぐるみですが」

「着てみして!」

とイキナリのオーダー(笑) 白い目で見られなくて良かったですな。途中場内スクリーンで映る、TVで放送されるなどあった模様www でも中身は殆ど視界がないのでわからないのだった…。

で、使用するにつれて被害が増加。

特にヤバイのが「鼻が潰れた」こと。スペアはあるけど余り使いたくない。なんとか木工用ボンドで補修します。耳の耐久性はやはり問題。家に帰ってきてから再度改修を加え、明日の試合ではもうちょっと動けるようになりそう。あとやっぱ視界は悪いですな。

明日の目標。 本 物 の ド ア ラ と 絡 む こ と

試合は負けてしまいました。8回オモテの攻撃が無得点だった時点で白黒ついていましたが、裏の継投でなんとあの中里投手が登板。思えば5年位前か?よく覚えていないが彼がルーキーだった年、彼が先発する二軍戦の試合を観にいった覚えがある。こんな伸びのある球ははじめてみると思ったものだ。階段から落ちたり怪我があってかわいそうな投手だが、かなり球威は戻っていて、日本シリーズのマウンドに立っているのを見ると感慨深い。打たれた球は変化球、抑えた球はストレート。来年はもっとよい成績を残してほしい。

|

« 10/23 開戦前夜 | トップページ | ウイルスたちの進む行方は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/12420492

この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズ第三戦:

» 札幌ドームはどんな感じなんでしょうか?ということで [スポーツブログ漂流記]
日ハムが勝ち、これで2勝1敗となりました。 この3試合の日ハムの先発って、 2年目(ダルビッシュ)、ルーキー(八木)、ルーキー(武田勝)ですよ。 去年、一昨年くらいの先発陣は何してるんでしょうか。 でも、札幌ドームは盛り上がっているみたいですね。 で、今日はちょっと趣を変えて、 札幌ドームの盛り上がりを伝えよう、ということで、 札幌ドームに行ったらしい人のブログを集めてみました。 「留守番はつまんないニャ!」 http://blog.goo.ne.jp/kitty_nya_nya/e/109d656... [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 11時06分

« 10/23 開戦前夜 | トップページ | ウイルスたちの進む行方は »