« がっくし | トップページ | 逃走 »

2006年11月30日 (木)

卒論は10単位

となりの研究室の院生Yさん。
このひとは変態なので変態のぼくとうまが合うのだ。
購買で話していたら、かかっていたラジオが
「・・・ペンネーム苺みるくさんでした。」
などというものだからふたり同時に噴出した。
でもYさんは好みではないらしい。

今日は六年生の卒業論文の提出締切日ということで、夜はどこの研究室も宴になっていた。ぼくもケーキ他にありつけた。甘いものは好きなほうだと思うけど、生クリームは苦手になりつつあるようだ。実はぼくの研究室所属の六年生3人のうち2人までが卒論未提出という危険な状況だが、『ケーキに罪は無い』との教官のお達しでした。

『獣医外科学試験三回目』が一週間後に控えているが、やらねばならぬ実験がある。例のモノクローナル抗体作出だ。勉強せんでもええんか?と自問自答しつつ実験をしていると、ミスをするかもわからんし、今回の実験の成否はぼくの将来とか獣医学会とかにも直接関わってくるので、なるべく真面目に実験室に籠もっている。今やらねばならぬ理由のひとつは、この研究内容の重要性もあるが、もうひとつ根源的な理由がある。そもそもこの研究は上級生のM先輩の業績なのだけど、M先輩はほかのところの院に進んでしまわれるので引き継ぎが要るのだ。で、引き継がれる相手がたまたまぼくだったというわけ。充分に引継ぎが行われないと、悲惨な事態になるのは明らかだし、今のうちにやらないと。

ところで、
「どんな結果でも実験に失敗は無い。」
とかいうひとがいるけど、そりゃ間違いです。
失敗も結果のうちのひとつの現象であるとは思うが、
失敗は失敗です。望ましい結果が出なけりゃ失敗です。
特にそれが自身の手技手法によるものならば。

ドカ雪が降って、このまま根雪になりそうな予感。

2006年11月30日木曜日 25:04

|

« がっくし | トップページ | 逃走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/12886289

この記事へのトラックバック一覧です: 卒論は10単位:

« がっくし | トップページ | 逃走 »