« 偽ドアラ日本シリーズ球場編 | トップページ | 誕生日+2month = 納豆66箱+白熊22個 »

2006年12月16日 (土)

エピローグ ドアラ建造計画2006

海道とはいえ、たくさんのドラゴンズファンがいます。
中部から移り住んできた学生たち
北海道に住んでいるがいつしかドラファンになった会社員
昔名古屋に住んでいたがその頃の思い出を忘れずにいる老婦人
本州から長駆遠征したひと
ライトな者から、コアな者まで、まさに老若男女。
みな日本シリーズで敗滅しました。

自分で言うのもなんですが、よく訓練されたドラファンなので、試合途中で正確に「勝ち目は薄い」と判断していたので涙こそ出ませんでしたが、すげえ悔しい。せっかく建造した偽ドアラですが、余りに悲惨な試合のせいで、殆ど有効活用できませんでした。
結果論ですが、そもそも偽ドアラなどというややふざけた物を日本シリーズという最高峰の舞台に持っていくべきではなかったのかもしれません。しかし、このようなネタを暖かく笑って受け入れてくださったライドラの皆さんに感謝する次第です。

これを建造するきっかけとなったのは、今季の交流戦時にやってきてくれたドアラに関する記事でした。「北海道ではドアラ人気少なし」と書かれていたので、何らかの形で歓迎したかったのです。が、ぼく自身の中途半端な日和(友人達は球場の外から被って行けと言ったが、そんな度胸はなかったので拒否したのだ)と、試合内容による精神的なダメージのせいで活かし切れなかったのは事実です。
特に本物のドアラと絡むことができなかったのは痛恨の極みであります。

細部の教訓としては
でかすぎると邪魔になるのでもう少しスリム化したい
視野が10°と狭すぎるので、最低30°程度は確保したい
耳はより強度を大とすべし
日和るのはよくない

しかしスタンドからの声援の大きさを聞くと、ドアラも人気になったなあとしみじみ感じます。子供に人気があるかはよく分からないが、大人の男も女もカンケーなしに虜にするマスコットはなかなかいないだろう。
「ちょっときもいけどおもしろい」と思われているのが丁度いいのかも知れないが、最近になって『セクシーポーズ』なるきもい(爆)新技を身につけたのは流石というべきか。石黒広報ともども来季もこの調子で活動頑張ってもらいたいっすね。

ぼく個人としては、来季はまず本物のドアラと絡むことを目標に、「やりすぎない」よう要検討の上で交流戦へ向けて偽ドアラ弐号機の建造を行いたい。布地で作成するのが当面の課題です。あとできたらバク転できるようになりたいものだ!

--------------------------------------

それから

ドラゴンズの敗北は学部のドラファン部隊に深刻なダメージを残した。数日後に控えていた『病理学試験・再試』に抗う気力も当然なくN氏とぼくはなんとか通過するも、B氏という尊い犠牲を払う結果となった。
日ハム優勝パレードの日は一歩も部屋から出ずに、臨時ひきこもりとなった。日ハムはいいチームだったし、応援も凄かった。寧ろ札幌で日本シリーズをしてくれたことに至極感謝しているくらいだが、当分シャウエッセンなんとかとかいうウインナーはたとえ安売りされていても買わないだろう。
任務を終えた偽ドアラはテレビラックの一番上で、モニュメントのように放置されている。また何かの機会があれば使用することになるかもしれない。
Epi



プロジェクト“D”2006 完

|

« 偽ドアラ日本シリーズ球場編 | トップページ | 誕生日+2month = 納豆66箱+白熊22個 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/13084282

この記事へのトラックバック一覧です: エピローグ ドアラ建造計画2006:

« 偽ドアラ日本シリーズ球場編 | トップページ | 誕生日+2month = 納豆66箱+白熊22個 »