« 追いコンの準備 | トップページ | BAD END »

2007年2月15日 (木)

NSS ノースサファリサッポロ

テストも済んだので2/10土曜日にNSS ノースサファリサッポロという動物園に行ってきました。H大の真下を通るエルムトンネルを抜けて石山通を真っ直ぐ南に40分ほど走りまして、定山渓の手前にあります。二年前にできたばかりの小さい動物園ですが、普通の動物園とはちょっと違います。

Imgp0604 ”サファリ”というだけあって、いる動物のほとんどに触ることができます。
ビーバーのナントカ君はペリカンにつつかれるので岸に上がってきてくれませんでしたが、ビーバーの扁平なしっぽにメロメロ。モモイロペリカンは…怖い…。飼育員の方がチカをくれまして、投げると大きなくちばしでナイスキャッチ!けど触ろうとすると70cmはあろうかという巨大なくちばしを振りかざして抗議。くちばしの先は鍵みたいになってて引きちぎられそう。

Imgp0609 なんかでっかいネズミが。マーラだそうだ。ネズミとカモシカを足して3で割ったような生き物。割と愛嬌があるのですが、寒いところの出身ではないのか、北海道の冬の寒さに震えていました。

Imgp0606 ワラビー。
か、かわいい・・・
まつげがかわいい・・・

Imgp0607 とりあえず餌だ!
餌が置いてあって、自由に与えることができます。あげると手から食べてくれます。よく慣れてる。食い意地が張ってないので手がかじられることも無いです。

ラマもおりました。うちの学部のロドリゲス君とは違って白毛です。馬みたいに毛色があるのかもしれない。我らがロドリゲス君はとても愛嬌があるのですが、いつも右目が結膜炎気味です。慢性的にアレルギー炎症起こしてるのでしょうか。年に一回、獣医学祭で一般公開されるのですが、以前の日記にも書いたような気がしますけど、気に喰わないことがあるとゲロを飛ばしてきます。最悪なやつです。ラマはそういう性質があるということなのでここの白毛ラマにも恐る恐る近づきます。このラマいきなりぼくに顔をこすり付けてきます。やべえ、ゼロ距離ゲロ射撃喰らったら避けるなんてトンでもない…ってか顔にかかる…。が、この白毛ラマ、ぼくのことを相当気に入ったようで実にフレンドリーです。肩組んだりしてたらどこぞのカップルに笑われました。。
フンボルトペンギン?もいまして、一部のペンギンは触れます。残念ながら暖かいところのペンギンなので冬は苦手なそうです。ぼくはもともと動物受けはいいのですが、この日は特によかったようでペンギンにも好かれました。よちよち歩きで突進してすりよってきます。毛はどうなってるのか触ろうとしたらくちばしで噛まれました。あれは超小型ペンチです…。そしてまた件のカップルに笑われるループ。

Imgp0619 小さなログハウス。
ここで食事とかできるらしい。
この日は結構寒くて、ラマと格闘したりしてたけどやっぱり体が冷えてきたところだったので丁度いい。



Imgp0618 食事所にはこんな掛札が
「プレーリードックとお茶しませんか?」
 是 非 と も し ま す !

Imgp0616 プレーリードックいたーーーー!
ちょっと太ってますかね





Imgp0613こちらはフェレット。昨今ペットとしても人気らしいですね。
ウサギのログハウスもあった。


Imgp0617 コノハズク?
器用に目を片方ずつあけたりとじたり。20cmくらいかな?小さいです。





とまあ、かなり端折りましたが小さいなりにそこそこの数の動物がいます。近くに円山動物園、旭山動物園といったビッグな動物園があるのですが、「展示」と「触れ合い」ということで根本的に構造が異なります。触れるっていいですね。楽しかった。
入場料が1000円とかなり高いのですが、それなりに大きな動物や、鋭い歯やツメを持った動物もいるので傷害保険込みでの値段のようです。納得。
アシがないとなかなか行けませんが、動物好きにはいいところだと思います。

不特定多数の人間と触れ合う動物の方の健康管理も大変なんだろうなあ。

|

« 追いコンの準備 | トップページ | BAD END »

コメント

やっべ
俺も行きたす

投稿: ちんたお | 2007年2月20日 (火) 00時33分

真駒内からシャトルバスが出てるらしいがね。

投稿: やんばるくいな | 2007年2月21日 (水) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/13915139

この記事へのトラックバック一覧です: NSS ノースサファリサッポロ:

« 追いコンの準備 | トップページ | BAD END »