« 編集作業 | トップページ | ブレイブ・ストーリー »

2007年2月28日 (水)

クォリティに生き、クォリティに斃れ 

本日(既に昨日になって久しいが)は「追いコン」の映像提出及び確認の会議があった。当日の設営は5年生がやるだろうが一応出席する。B氏とともに作った映像に対する注文を受け付けなくてはならないからだ。
『あの先生に聞いてみたい!』企画の映像はB氏が最終的に纏めの仕上げを行い、提出された。これの作成にはのべ数十時間かかっている。昨晩のぼくたちはテンションがおかしかったこともあり、映像編集の作業は徐々に自分達のオ○ニーぶりが加速し、それはロックマンの音楽をふんだんに取り入れ始めて頂点に達したといってよかった。B氏はロックマンのボスキャラの登場シーンの音声を熱心に教授の紹介に取り込み、ぼくはロックマンが死亡した際に流れる「ティウンティウンティウン」という効果音と球体が飛散するムービーの作成に余念がなかった。三角関数を日常生活(?)で使用したはじめての体験である。ちなみにこの効果音はA氏を電話で叩き起こしてネット上にうpさせたものである。A氏すまなかったね。ぼくたちはこの作業に最も心血を注いだといっても過言ではない。
ぼくたちはこの時点で理解していたのだ。”このネタは受けないだろうな”と。さらにこの編集により映像の時間は更に伸び、30分近くになっていた。5年生は15分にしたいということだったが、大幅オーバーである。まあ少々伸びてもいいかと軽くかんがえていた節もある。

やはり5年生にダメだしをされた。

まあ、想定していたことであるが要点は以下の通りである。

・映像の時間が長すぎる
・ネタが分からない
・終わり方(ティウンティウン)がイミフ
・教授紹介(ロックマン)がくどい

ロックマンは置いておこう。そのほかのネタが分からないとは何事か。ぼくたちにやらせた時点でこうなることは想像に難しくなかったろうに。

「40秒で仕度しな!」 ラピュタ
「まだまだだね」    テニスの王子様

は4年生的には最低限分かるべきものだろう。
これは感性の違いだ。きっとそうに違いない!
だけどもぼくは再確認してしまったのだ。
やはりぼく(とB氏)は社会不適合者だ。

5年生は御自ら映像を手直ししてくださると仰っている。ありがたい仰せだ。なぜぼくたちも同席しないといけないのかは謎だが。社会適合者に改造してくれるのだろうか。ショッカーか。

今日はELISAプレート16枚を使ってELISAをやってみた。
ちなみに16枚はすごく多い。
「物理的に可能なの?」
とはN先輩の言だ。
全部失敗した。
しかも理由がよくわからん。
精神的なものが原因なのは確かだ。

ま、こういう日もあるやね。アルコールが要るな。

2007年2月27日火曜日 27:03

|

« 編集作業 | トップページ | ブレイブ・ストーリー »

コメント

正直5年にムカついた!
なんなんだあいつら!!
削った上に、やたらやんばるらが作ったシーンだけ、4年からのプレゼントってことアピールしやがって!
そうじゃないだろ。
追いコン企画だろ!
あいつら男気もねぇや。

君の怒りの一部だけど味あわせてもらったわ。

完全版楽しみにしてる。

投稿: | 2007年3月 2日 (金) 22時22分

6年も喜んでたのでまあ方向的には間違ってなかったということが分かって溜飲が下がった。
ひとつ事実誤認があるのですが、カットシーンは「やりすぎ、長すぎ」と言われたのでこちらで自主的に削除しました。
B氏担当Aパートは15分から6分へ、わたくしのBパートは15分から9分へそれぞれ短くなりました。
正直Aパートの削った部分は(そら多少教授の扱いはアレだが)いちばん笑えるところなので惜しいですな。

投稿: やんばるくいな | 2007年3月 3日 (土) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162374/14074663

この記事へのトラックバック一覧です: クォリティに生き、クォリティに斃れ :

« 編集作業 | トップページ | ブレイブ・ストーリー »