« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年10月20日 (土)

リベンジ ~日本シリーズ~

去年のことだが…

我々の愛した中日は負けた!なぜか!?

それはライドラ(ビジター中日ファンのこと)の声が足りなかったからである!
数的不利?ならば全員喉を潰してでも声を出せ!
稲葉ジャンプ?そんなもの逆波長の振動(ATフィールド)でかき消せ!
この意気込みが足りなかった。今年は負けんぞ応援でも。

では、ドアラファン・中日ファンのみんな、始めようか
チケット争奪戦を。

なお、偽ドアラは出禁が怖いので出撃は考えておりません(笑)

2007年10月20日土曜日23:29

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

KEYENCE“蛍光顕微鏡”

細胞内のタンパク質発現の局在性を調べるために『蛍光抗体法』というものがある。タンパク質に対する抗体を細胞に作用させ、さらにこの抗体を蛍光色素で標識するもので、紫外線を照射すると緑や赤、青のきれいな蛍光を発する。今年の春からこの蛍光抗体法をずっとやってきたのだが、いまいちよい画像がとれない。なぜだ。

①作成した抗体が所定の性能を発揮していない
②自身の手技の問題
③現実は非情である。顕微鏡の問題

最も困るのは①である。既に2週間後に迫ったウイルス学会に、この問題は解決できようはずが無い。次に②も面倒。手技が悪いとしても、ほかの人もうまくできないことが多々あるので、つまるところ研究室全体の手技が悪いということになると始末が悪い。③はある意味最悪。「あの顕微鏡さえあれば!レーザー共視野さえあれば!」いくらわめいたところで2000万円を超えるモノをぼくだけのために買えると思うほど自分を過大評価するつもりは無い…
困っているところに一本のセールス電話がかかってきた。ある会社が開発した新型の顕微鏡の実演をしてくれるらしい。ぼくのサンプルがハイレベルな顕微鏡で「視られる」かどうかを判別できる絶好の機会がこうして到来した。

顕微鏡はお昼後のちょっとまったりした時間に搬入されてきた。基本的にこの種の機械は振動に弱い。エルムトンネルができた理由のひとつが振動の軽減だったような気もするくらい、振動が与えるダメージは大きいのだ。しかしK社の営業マンは『応接机』の上に顕微鏡をセットし始めていたw そのシルエットやいささかも顕微鏡のものではない…!どちらかというと大型ハイスペックのパソコン本体といった体である。営業マンが機器の説明をしていくが、もはや説明会の参加者はただ嘆息するしかなかった。

・高倍率での安定した画像
・焦点のずれた部分(光ボケ)の修正機能
・立体視化
・生細胞を経時的に連続撮影する機能
etc

「科学雑誌ニュートン」に載るようなきれいな写真を撮ってみたかった。今日、それにちょっと近い写真がとれた。やる気のわく体験だった。

もう少し…安ければ…orz

必死で今日の写真を学会に使わせてくれるようお願いしたところ、あっさりと快く許可してくださったK社に全力で感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »